やまとの少しエッチな日記

徒然なるままに~自分の体験談を中心に、思ったことを綴っています。

 ハウステンボス紀行3(10月)

花畑のカフェでの食べ物


入国してすぐにテディベアキングダムに入る。普段は素通りするのだが、今回はなにやらいつもと違った展示がされているらしい。でも、何が展示してあったのか思い出せないでいるので、たいしたこと無かったんでしょう。^^;

続いて、3連風車のあるエリア。さすがに花が綺麗だと思った。やはり秋という季節は、色とりどりの花が咲いていて綺麗なものである。

あまりの美しさに花畑のカフェで一休みすることにした。
このカフェに入るのは初めて。気候から考えると、今頃か春先に利用するのが気持ちいいのではないだろうか。都会ではオープンカフェなるものが流行っていたが、実際にオープンカフェとして快適に利用できる時期というのは、年間を通じてそれほど日数的に多くはないのではないかと思っている。ヨーロッパでは当たり前のようなオープンカフェだが、日本の気候ではねぇ〜。冬は寒いし夏は暑いし梅雨という季節や台風の季節もあるし・・・。それ故、オープンカフェといいながら周りをビニールの幕で覆ってあるようなカフェも見受けられるのである。

さて、ここの花畑で頂いたのは、クレープみたいなもの。一番オーソドックスなプレーンを注文したが、こんな食べ物だったとは・・。

不味くはないのだが、美味しい!!!とも思えない味。
いやいや、お昼を食べてなかったのでなんとか全部食べることができたが、さすがに飲み物なしで1枚食べるのはつらいなぁと思ってしまったのである。