やまとの少しニッチな日記

徒然なるままに~自分の体験談を中心に、思ったことを綴っています。

ディズニーシーの新エリア「ファンタジースプリングス」への訪問記

ディズニーシーのシンボル「アクアスフィア」

 一週間に及ぶハウステンボスへの旅から帰ってきて、しばらくの間自宅でゆっくりと過ごす日々。来週からの長期間の旅行に備えてのエネルギーチャージです。。。と言いたいところですが、今日のお昼過ぎに突然飛び込んできたニュース。

 それは、東京ディズニーシーに新たに誕生するテーマポート「ファンタジースプリングス」に今日なら誰でも入場できるよっていう話。実は、来週からの長期間の旅行の後半は、ディズニーリゾートに5日間連続で入って過ごす計画を立てていたのだが、これは滅多にないチャンスということで、ちょっとディズニーシーまで出かけてみることにした。もちろん新たに誕生するテーマポートに入場するのを目的に。

 とは言うものの、ここは三重県。千葉県まで遠い。しかも、ニュースを見たのはお昼ご飯を食べて帰ってきてからなので、13時半を回った頃だ。

 とりあえず、携帯充電器や着替え、雨具などをリュックに詰め込み、予定を1件こなしてから、駅まで車を飛ばした。

 三重からディズニーシーまでの道のりは、自宅から車で20分ほど離れた駅まで移動し、名古屋駅まで近鉄線もしくはJRの在来線に乗車。そこから新幹線で東京駅に向かい、東京駅で京葉線に乗り換えて舞浜駅に。そのあと、ディズニーシーまではモノレールというルートになるのだが、書けば簡単だけど実際に移動となると大変だ。2時に自宅を出発してディズニーシーのゲートに到着したのが6時30分だから、実に4時間半の旅だったのだ。

 平日の5時から入場できる4500円のチケット「ウィークナイトパスポート」は既に売り切れていたので、仕方なく7900円の1日券をネットで購入。既に5時を回っているにも関わらず、5時以降の入場に使う安い入場券は売り切れていて、高い1日券だけ販売中っていうのが不思議だ。殿様商売みたいな商業主義を貫いていても売れるから不思議だわ。ハウステンボスの入場券ではあり得ないだろうな。

 さて、日没までに新テーマポートに到着して写真撮影をしたかったのだが、入場ゲートからも遠い・・・。暗くなってくる場内に不安を感じて調べてみたら、今日の日没は18時39分。ハウステンボスの日没時間より30分以上早いじゃん。右足の痛みを我慢しながら頑張って歩いたのだが・・・

新しいエリアに到着した時には既に日没後だった。

至る所にディズニーキャラクターが描かれてます

突然「舞浜」に登場した高い山

ピーターパンネバーランドアドベンチャー

カラフルな家が建ち並ぶストリート

海賊船もありました

ディズニーブランドの新しいホテル

ホテル前にあったモニュメント

 東京ディズニーシー・ファンタジースプリングスホテルの1階部分にあったショップにも自由に入ることができました。もっとも、発売前のためほとんどの商品は購入することができず、見るだけ~!でした。なので、商品の写真を撮って楽しんできました。

ファンタジースプリングスギフトの様子

  魔法の鏡みたいなモニュメントもありました。たくさんのキャラクターがいるようですが、ツムツムで知ったキャラクターくらいしか分かりませんでした。


 魔法の鏡みたいなものの左下に小さな泉が作られていますが、この泉、よく見ると誰かの横顔に見えます。

 

 この日、時折突風が吹くという、生憎とても風が強い日となったため、夜になると寒さが身に染みてきました。そこで、温かいコーヒーをということで、ディズニーではじめてモバイルオーダーというものにチャレンジしてみました。注文の品を受け取ったものの、座る席がなく、しばらくウロウロと彷徨うモバイルオーダー難民になりましたが、親切な人が席を譲っていただいたため、ようやく座ることができました。

 しかし、このコーヒー。ちょっと量が多いんじゃないかい(笑)

モバイルオーダー

 最後に、「ラプンツェルランタンフェスティバル」というアトラクションに乗ってきました。イッツアスモールワールドやシンドバッドの冒険のように、船に乗って場内を回るアトラクションです。

途中で屋外に作られている塔の中で歌うラプンツェルを見ることができます。

塔の中のラプンツェル

また、ランタンフェスティバルというだけあって、最後のシーンはランタンに囲まれている感じの没入感が凄いです。ハウステンボスで10月に観たランタンショーとは比較にならないくらい、素晴らしいものでした。

クライマックスのシーン

 アトラクションから出ると、とてもいい匂いが漂ってきました。

ふとみると、ポップコーンの屋台でした。どうやら、新しい味のポップコーンが販売されているようです。

新しい味のポップコーン

 

海賊船にも乗船しました

 間もなく閉園時間です。
 日没後に来ているので、明るい時の場内の様子は分かりませんでしたが、夕方から夜にかけての時間帯も素敵な場所でした。新しいエリアは広くて木々もたくさん植林されており、また噴水や滝が随所に作られていて、キャラクターのオブジェ等、見どころがたくさんあります。ハウステンボスの街並みや花を見て楽しむのもいいですが、このエリアもディズニー映画を知っている人であればキャラクターを楽しむこともできることから、見ていて楽しい場所になるのではないでしょうか。どこを見てもビックリするくらいリアリティがすごいです。ハウステンボスの自然な街並みに匹敵するくらい、計算されて作られている場所だなぁと思いました。

 ハウステンボスVSディズニーリゾート 自分にとってはどっちが楽しめるだろう。今日、ほんの数時間でしたが初めて目にするものばかりだったこともあり、かなり楽しい場所でした。

 わざわざこのエリアを散策するために、三重県から来る価値があったのか?と聞かれると、コスパはかなり悪かったけど、弾丸ツアーとしての思い出作りには良かったんじゃないかなって思いました。

 ディズニーシーを出てホテルミラコスタ内にある、中国料理レストラン「シルクロードガーデン」で遅めの夕食を食べてから帰路につきました。

シルクロードガーデン

ホテルミラコスタ

 

自動車税の節税術!スマホで自宅から簡単支払いで時短を狙うが、下調べが大変だった話

自動車税の支払い方法

 九州のハウステンボス旅行から帰宅したら、郵便受けに自働車税の納税通知書が届いていた。毎年の事ながら、いつも頭を悩ませるのがこの自働車税の支払いだ。『毎年のことだから、事前に支払い用のお金を用意しておけば頭を悩ませることはないのでは?』という声が聞こえてきそうだが、お金の有無で悩んでいるわけではない。いかにして、『脱税』もとい、『節税』・・・、これもちょっと違うな。『お得』、これだな。そう、少しでもお得な支払い方法がないものかと、頭を悩ませるわけである。

 以前は近くの金融機関に出向いていき、そこの窓口で納税通知書と現金を出して支払っていたのだが、コンビニでも支払えるようになって支払いについては利便性が高まってきていた。さらに、最近ではポイントがつく支払い方法というのがあって、むしろこの支払い手段の選択で悩むようになってきたのだった。

 これまでいろいろと支払い手段について情報を入手してきた結果、自分なりに出した結論は、イオンJMBカードについているWAONに、ショッピングマイル・プレミアムに入会済みのJALカードから50,000円をチャージして、5月15日にコンビニのミニストップのレジで支払う方法だった。

 去年までは、この方法が一番だと思っていたのだが、今年はちょっと勝手が違う。これまで入会していたJALカードのショッピングマイル・プレミアムを、年会費が値上がったことから去年退会したのである。なので、クレジットチャージによるマイルの取得は半減しているので、今年はこの手段を使わず、他にもっといいものはないかと悩んだのである。

 インターネット上をググれば、いろんな支払い手段について書かれており、中でも楽天PAYを使えば残高チャージの際に高率のポイント還元を受けられるルートがあると書かれていました。

 楽天PAYなら普段から使っているので、これにしようかと思いましたが、この高率のポイント還元ルートを使うには、Mastercardの三井住友カード ゴールド(NL) が必要だったり、JAL Payへの登録が必要だったり、楽天ギフトカードの購入が必要だったりと、自分が現在持っていないものばかりで、それらを準備するのが結構面倒でした。

 ということで、最終的に決定した自分の支払い手段は、令和5年4月1日から登場した地方税統一QRコード(eL-QR エル キューアール)を活用して、クレジットカードで支払う方法です。

 

地方税お支払いサイト 説明文

 クレジットカードで支払う場合は、楽天PayなどのQRコード決済と異なり、手数料が必要となるので注意が必要です、私の場合は51,700円の納税額なので、手数料が453円必要でした。

 今回の支払いに利用したカードは、ソニー銀行のVisaデビット付きキャッシュカード「Sony Bank WALLET」です。このカード、後払いのクレジットカードではなく、即時に預金口座から引き落とされるデビットカードであったことから、キャッシュバック率が2%という高還元率にも関わらずこれまで、ほとんど使ってなかったのですが、JALカードのショッピングマイル・プレミアムを解約してからは、高還元ポイントのクレジットカードとしてようやく使い始めたカードです。ただ、最近は新しく入会した三井住友カード ゴールド(NL) の100万円修行や、auカードの新規入会キャンペーンでそれらのカードをメインに使うことが多く、なかなか出番が無いのが悩みの種です(笑)。

 で、このカード、VISAのマークがある地方税お支払いサイトでも利用できますし、さらにキャッシュバックも2%あるようです。

 翌月下旬頃には、支払額の2%の1034円が預金口座に振り込みされるはずです。手数料の453円を相殺しても、581円の現金を手にすることができるので、還元率としては1.12%となりまずまずなのではないでしょうか。

 なによりも、自宅にいながらスマホで納付でき、QRコードの読み込みと、メールアドレスとそのアドレスに通知された確認コード、それに支払い用のカードのデータ入力(グーグルに覚えさせてあるので、選択してセキュリティコードを入力するだけ)程度の手間だけであり、去年までコンビニに出かけて支払っていたのと比較すると、とても手軽に支払うことができました。ただ、この結論に達するまでに、かなりのサイトをググって比較していたので、タイパは悪いかもwwww

 最後に、キャッシュバックに関する注意点です。私の持っている「Sony Bank WALLET」のキャッシュバック率は2%ですが、キャッシュバック率は優遇プログラム Club S のステージに応じて0.5%から2.0%までの4段階に変化しますのでご注意ください。 

 

 

紅葉のベストシーズンに現存天守を巡る四国観光旅行に行ってきた(その1)

名古屋駅に直結したJRセントラルタワーズを見上げる

 四国グリーン紀行の切符にまつわる話はこれまでブログに書いてきたものの、その切符を利用して四国に旅行した内容についてはまだ書いてなかったので、ほぼほぼ半年遅れになってしまったが、一応記録として残しておこうと思う。

 今日はその旅行の初日の様子。

 これまでにも書いてきたように、そもそも四国旅行を思いついたのは「ANAにキュン!」を使ってセントレアから飛べるエリアが松山空港しかなかったということから。

 詳しくは、2023年9月29日に書いた「今日はANAにキュン!の日。いつもより少ないマイルで搭乗できるそうだ。」を参照してください。

 そして、いろいろと調べているうちに、「四国グリーン紀行」という切符がとても魅力的だったことから、この切符を最大限活用するというのがコンセプトとして旅行日程を組んだため、初日は夜行バスで四国入りを果たすことにしたのだった。

 

多くの人で賑わう名古屋駅前には季節柄クリスマスツリーが飾られてました

名鉄バスセンターのバス乗り場

23:10発の高松・丸亀行のバスに乗車します

 出発前に、旅の無事を祈って、名古屋駅ビルの中にある、「炭火焼肉 スギモト 名古屋うまいもん通り広小路口店」で、遅めの夕食をお腹いっぱい食べました。

スギモト焼肉定食

美味しそうな肉が3種類ありました

追加で、厚切りベーコンと味噌とんちゃんを注文しました

 この店、夜は10時まで営業しているそうでしたが、入店するのが遅かったため、食事を終えたのは閉店時間ギリギリでした。このあと、名鉄バスセンターに向かいますが、この店から目と鼻の先ほどの距離でした。

 午後11時過ぎにバスに乗車。お腹も膨れているため、久しぶりの夜行バスでしたが車内でぐっすり眠ることができました。

申し込みに苦労した四国グリーン紀行と観光列車切符

多度津駅に停車中の「千年ものがたり そらの郷紀行」

 旅行に使った「四国グリーン紀行」という切符。この切符を入手するには、JR四国の駅のみどりの窓口や駅の指定席券売機、若しくは四国内の主な旅行会社等、三重県に住んでいる私にとっては事前に購入するのが難しい方法ばかり。でも、乗車1か月前に発売され、即日売り切れとなる人気の観光列車を予約しようとすると、悠長なことを言ってはいられない。そこで、郵送料はかかるけれど、四国から遠く離れた県外に住んでいる私がとれる唯一の方法といっていいJR四国ツアーのホームページにて購入することにした。

 JR四国ツアーのホームページにて「四国グリーン紀行」の申し込みと同時に、希望すれば特急列車の指定席も予約できるところが一番の魅力です。これならば、人気の高い観光列車も予めお願いしておけば、確約とまではいかないけれど、かなり高い確率で予約できるのではないかと思いました。

 ところが、問題点が一つだけありました。

 「四国グリーン紀行」の申し込み画面の「ご意見・ご要望」欄に、同時購入する列車の「日付」「列車名」「区間」を書かなければならないのですが、確認してみると250文字以内で書くように指示されています。

 私は4日間を特急列車で乗り倒す計画を立ててますので、当然のことながら、希望するグリーン券等を全て書き出すと全角250文字以内に収まらないです。

 この問題点について四国ツアーに問い合わせを行ったところ、四国グリーン紀行を申し込んだ後に、希望する列車情報などをメールで送信していただければ、対応可能とのことでした。

 四国グリーン紀行の切符そのものも乗車開始日の1カ月前からしかWeb申込ができないので、希望する列車の運行が同日であれば、申し込んだ直後にメールを送信するように準備をしておいたほうが良さそうです。

 乗車開始日1か月前になり、Web申込を実行。

 結果、希望した列車のうち、「千年ものがたり そらの郷紀行」が満席のため予約できなかった旨のメールをいただき、対案として同日の「しあわせの郷紀行」に空きがあるとのこと。

 早速、日程の修正を行い、対案を採用しても松山到着が遅くなるだけで、現存天守の見学には支障がでないことがわかったので、変更を受け入れることにしました。

 ここまでで、かかった費用は23,450円也。内訳は、四国グリーン紀行の料金23000円と送料の450円です。

 また、「ものがたり列車食事予約券」は、ご乗車日の4日前までご購入が可能で、その場合はきっぷが到着してから、JR四国みどりの窓口または「tabiwa by WESTER」というアプリから手続きできるようです。

 ちょっと高価な食事でしたが、観光列車に乗車できるせっかくの機会だったので、後日注文しちゃいました。

 この「現存天守を巡る四国観光旅行」については、また機会があれば紹介していきたいなと思ってます。

 

おまけ

多度津駅で、満席で予約できなかった「千年ものがたり そらの郷紀行」を見送りました。そのときの写真がこれです。午後、この列車の折り返し便に乗車してます。

10:19 出発です

列車の窓に、ホームで旗を振りながら見送る人々が映ってます。

2号車になると車体色が代わります

3号車も違う車体色です

私の目の前を通り過ぎていっちゃいました

また午後になったら大歩危から乗るからね~

 

 

 

セラミックボールペンの替芯で思い出した株主総会のお土産

京セラ セラミックボールペン KYOCERA KCB-30W [天然木製ケース付]

 「あれ!? 書けない。インクが出なくなったぞー」

 ちょうど財形貯蓄預金で積み立てたお金の解約届出書を書いていた時だった。

 「これはひょっとすると、『解約してはいけない』っていう天の声なのか!?」

 いやいや、貯金を取り崩していかないと、無職の私は生活できないんですが・・・

こんなやりとりをしていたかは定かではないのだが、ずっと使っていたボールペンのインクがなくなったのは一大事である。

 いわゆるこの高級そうに見えるボールペンは京セラ製で、天然木製ケースが付いてメーカー希望小売価格は税抜きで3,500円だそうだ。

 このボールペンと出会ったのは、当時、京都に旅行する時によく泊まっていたホテルグランヴィア京都において、京セラ株式会社の株主総会が行われることを知り、観光ついでに株主総会に出席しようかなって思ったのがきっかけ。

 初めての株主総会への出席で、右も左もわからないまま緊張していたことだけ覚えている。総会の休憩時に会場の外では、ドリンクが無料で飲むことができ、京セラが扱っている宝石類や電動工具類などの即売会もやっていて、多少の値引きもされていたようである。

 で、その時の株主総会の帰りに、お土産として?渡された紙袋に入っていたのが、このボールペンだったのだ。

 あれから随分と年月が流れたが、その後、ほとんどの企業の総会の通知文には「お土産はありません」と書いてあるし、コロナ禍で株主総会のあり方も見直され、今ではオンライン参加という形をとる企業も増えてきている。

 このままだと、どうやら京セラ株式会社の株主総会への参加が、私の人生において最初で最後の株主総会への出席となってしまいそうだし、株主総会でいただくお土産も、このボールペンが最初で最後なのであろう。

 おっと、話が随分と逸れてしまったが、この替芯を探していてあることに気がついたので、それをブログに書いておこうと思った次第だ。

 あることとは、京セラのホームページを見ると別売りの替芯は「水性カートリッジ C-300」となっていて、価格は税別で300円。ところが、OHTOの替芯C-300シリーズの「水性カートリッジ C-305クロ」と互換性があり、こちらはヨドバシのネット価格だと多少割引されていて安く購入できるのだ。違いは、替芯に『KYOCERA』の文字が刻印されているか否かだけなのではないだろうか。

 というわけで、ヨドバシカメラでこのOHTOの替芯だけを注文したのですが、なんとゆうパックで届いたのには驚きました。てっきり定形外郵便で郵便受けに届くのかなって思っていたら、受け取りサインが必要で郵便局員から手渡しでいただきました。

届いたOHTOの替芯

 

純正との違いを比較してみましたけど、サイズや形状などの見た目は同じでした

無事に交換できました



 

ピンク文字にびっくり!ダイドーから届いた株主優待品

宅急便で送られてきた株主優待

 「宅急便です~!」

 元気のいい声に促されて玄関先に出て荷物を受け取る。

 「少し重いですが・・・」

 足の怪我に負担が掛からないかと気になったけど、それ以上にこのピンク色の文字が気になった。

 『なんだこりゃ!』

 文字通り、『びっくり、驚きだわ』

 多分、ダイドーからの株主優待品だろうなと思いながらも、これまでとは雰囲気が違っていたので、少々驚いてしまった。

 配達の人から「重たいので・・」と言われて持ってみたが、割とコンパクトで想像していたよりも重たくなかったので、そのまま部屋に持ち込んで開封してみた。

ダイドーの包装紙がかけられていた

 包装紙は紛れもなく、見慣れたダイドーのロゴがいっぱい。

桜?季節感を出しているのかな。

外箱を外すと、いつもどおりの3段に分けられた箱が現れる

上から順に1段目、2段目、3段目

 ん~、でもなんか去年とは違う気がする。
 こんなにこじんまりとしていたっけ。ダイドー株主優待は、年に2回あった頃は、ものすごく大きな箱の中にぎっしり飲み物が詰まっていた記憶がある。年に1回に変更になってからは、3段の箱に詰められて送られるようになったが、飲み物の本数としては減ってしまった感じだった。

 今回、さらに減ったのではないかと心配になったので、去年の株主優待品と比べてみることにした。

去年の優待品の3箱

 どうでしょう。違いに気づきました?

 分かり易くするために、並べてみました。

上が去年の優待品で、下が今年の優待品

 一番左側のフルーツゼリーが、去年の12個から今年は9個になってます。ただ、去年とは内容が異なってますので、金額的には単純に3個少なくなったというものではないです。

 真ん中の箱に入っているパウチ容器ゼリー飲料は、ライフタイムリーゼリーと称していた去年のほうが良かった気がします。

 あと、飲料については500mlのペットボトルが1本少なくなっていますが缶入り飲料が1本増えており、好みの問題もあって単純に本数だけを比較すると増減はありませんでした。

 こんな感じで、目立った違いはフルーツゼリーが3個少なくなったくらいでした。

 近年の物価高を考えてみると優待品の総額が変わらない限り、今後も内容の変更は避けられないでしょうね。それより、私が買う銘柄は、某コカ・コーラ社をはじめとして、続々と株主優待の廃止を決めていっているので、是非ともダイドーには株主優待を続けていって欲しいなと思います。

庭園プロジェクトX: 空間拡張と落ち着きを求めて~美しい庭への挑戦~

今週のお題「きれいにしたい場所」

綺麗にしたい場所

 早くも4月になっちゃいました。そして、その4月も1/3が過ぎようとしている今日、はてなブログ今週のお題「きれいにしたい場所」に挑戦です。

 「風呂場の水アカが気になる」「台所の調理器具を整頓したい」「机の物を片付けて、作業スペースを確保したい」などが一例として書かれていますが、私のきれいにしたい場所は、自分ちの庭です。

 京都をはじめとして、日本全国に様々な庭園が造られており、観光地となっているそれらは綺麗に管理されています。眺めていても、気持ちがいいものです。

 翻って、自分ちの庭を見ていると、雑草は映え放題、庭木も秩序なく成長していて、狭い庭が余計に狭く見えちゃう有様。心を落ち着かせる空間からは程遠いものがあります。

 造園の心得なんてこれっぽっちも持っていないので、どこをどうすれば心地よい空間になるのかさっぱりわかりません。結局、毎年雑草を抜くことだけしかできず、剪定作業は植木屋さんに外注、そして、庭の改造は手を付けないままもう何年も放置しています。

 今年こそは、この庭を綺麗に整備したいなぁと思っていたのに、足の怪我で3か月を棒に振ることになり、春が訪れて暖かくなってきている今日この頃、残念ながら我が家の庭は綺麗になるどころか、雑草に覆われてきてます。

 ということで、怪我が治り次第草取りを行い、余分な樹木を取り除いて空間を拡げ、京都にあるような落ち着いた庭になるよう、歳月をかけて綺麗に整備していきたいって思ってます。名付けて『庭園プロジェクトX

 な~んちゃってね。