やまとの少しエッチな日記

徒然なるままに~自分の体験談を中心に、思ったことを綴っています。

 ハウステンボス紀行15(10月)

エクセルシオールのランチ


タクシーから降り、エクセルシオールへと向かう。
本日の予約はしていない。1時から乗船予定の観光丸の近くで食べるほうが安心できるだろうという思いつきでやって来ただけのことである。
3連休中ということもあり、『予約がないと無理かな?』と思ったけれど、席は空いており杞憂に終わった。ただ、予約をしていないということで窓際の席ではなく、窓から遠く離れた反対側のソファ席だった。しばらく経ってから窓際の席をみると、オフ会メンバーの方々が座られていた。そういえば、ランチの予約をとってあると言っていたような・・・。
残念。思いつきではなく、事前に計画してからくるべきだった。予約されてたお二人がちょっと羨ましい。^^


さて、よく考えてみたら、エクセルシオールでランチをいただくということは記憶になく、恐らく初めてのことだと思われる。最近、連泊特典としてブランチ利用ができるようになったため、ホテルヨーロッパのアドミラルならばランチ経験があるのだが、どうもホテルでの食事は高いというイメージもあって、なかなか利用する機会がないのである。

本日頂いたランチは、スパゲティ。これにサラダが付いている。あと、スティック状の硬いパンのようなものもついていたが、どのメニューについて出されたのかは不明。

これで、レジにて支払ったお金は1600円程度。チューリップ会員による5%割引ということもあるが、リゾート地におけるホテルのランチとしては、その内容から考えるとなかなか魅力的だった。
お昼に1600円も?と考えるのか、景色の良い場所でホテルのサービスを受けながらゆっくりと美味しい食事をいただいて1600円と考えるかは人それぞれの考え方ではあるが、僕としては今でも『次回は予約をしてから食べに行こう』と密かに思っているのである。